入れ歯

入れ歯は歯を失った際にそれを補う義歯治療です。プラスチックや金属の床に並んだ人工歯を顎堤に装着する総入れ歯(全部床義歯)と、両隣の歯にバネを掛けて一部の歯を補う部分入れ歯(部分床義歯)があります。長い間、天然歯の代わりとして用いられてきた入れ歯治療ですが、今は症状に応じて、保険診療・自費診療と合わせて様々な種類からお選びいただけます。

入れ歯の種類

食事に必要な歯の代わりとなる入れ歯は、保険診療・自費診療のものと合わせて複数の種類があります。装着感や熱伝導率、丈夫さなどに違いがあります。

保険の部分入れ歯

クラスプという金具を自分の歯に引っ掛けて装着する部分入れ歯で、安価に作成することができます。どうしても天然歯よりも咀嚼力は落ち、装着時に違和感が生じることもあります。顎の骨が段々痩せてくると定期的な調整が必要になってきます。

ノンクラスプデンチャー(目立ちにくい)

プラスチック製の義歯床で義歯を支える自費の部分入れ歯です。プラスチック製の義歯床で義歯を支えるため、金具で健康な自分の歯に支えてもらう必要はありません。金具を使用していないので、見た目も目立ちにくく、保険の部分入れ歯より気付かれにくいです。

保険の入れ歯

保険診療で入れ歯治療を受けられる場合は、素材がすべてプラスチック(レジン)となります。比較的安価に作ることが出来ますし、修理の際には修復がしやすい特徴があります。しかし、粘膜に吸着させているだけの状態なので安定が悪く、しっかり噛むことが出来ません。また、全体的に厚く大きく作られており、装着時の違和感や、食べ物の熱が分かりにくいなどの短所があります。

金属床義歯

床が金属の総入れ歯です。耐久性に優れている一方で薄さも兼ね備えていて、装着時の違和感が軽減されます。コバルトクローム合金やチタン、金合金の床があり、強さや軽さ、整体親和性などの特徴があります。保険の総入れ歯よりも熱が伝わりやすいため、お食事をより楽しむことが出来ます。

治療の流れ

入れ歯治療の流れをご紹介します。症状によって異なることがありますが、大まかな流れは以下の通りです。

カウンセリング

ご記入頂きました問診票を基に、症状についてお伺いしていきます。入れ歯の種類についてもご説明いたします。

検査

レントゲン写真撮影、印象採得を行います。印象採得は複数回行う場合もあります。

治療計画

治療の計画を立て、患者様にご提案いたします。治療計画にご納得が頂けましたら、治療に入っていきます。

治療

精密な印象採取、咬合の採取を行います。筋肉の動きや顎の上下関係・動きを記録します。

入れ歯作製

人工歯の配列やお口の中の再現を行います。必要に応じて調整も行います。

噛み合わせ調整

完成した入れ歯を装着して、普段の食事をしていただきます。最終的な調整を行い終了です。

入れ歯 治療費について

金属床

料金 料金(税込み)
金属床 ¥250,000 ¥270,000
金属床(総義歯上) ¥250,000 ¥270,000
金属床(総義歯下) ¥280,000 ¥302,400

ノンクラスプデンチャー

料金 料金(税込み)
1~3歯 ¥80,000 ¥86,400
4~7歯 ¥100,000 ¥108,000
8~12歯 ¥120,000 ¥129,600
13~14歯 ¥150,000 ¥162,000

  • ご予約・お問い合わせ